洗濯機のタイプ

筆者は、故障したときのリスクを考えるとどうしても好きにはなれないのですが、洗濯機は乾燥機と一体型のタイプが人気だそうですね。とはいえ、単純な回転式の全自動洗濯機や、昔からある二層式のタイプだって、分け洗いが多い方には特におススメです!また、最近ではシルクや革などといった従来の洗濯機では洗えなかった素材も、オゾンの力で空気洗浄できるようになり注目を集めています。洗濯乾燥機:洗濯から乾燥までを自動で行うタイプです。各メーカーがいま最も力を入れているタイプですので、さまざまな機能がついた商品が続々と発売されています。全自動洗濯機:洗濯から脱水までを自動で行います。洗濯メニューが豊富な機種が多く、衣類を乾きやすい状態にする乾燥機能付きタイプもおすすめです。乾燥機:文字通り乾燥のみが可能なモノです。洗濯乾燥機に比べ短時間で仕上げられる機種が多く、光熱費が安いガス乾燥機や熱に弱い衣類を乾かせる機種もあります。二層式洗濯機:洗濯とすすぎを行う槽と脱水を行う槽が別々のタイプ。洗濯槽が固定されているので黒カビが発生しづらく衛生的です。

洗濯方式のタイプ

ドラム式タイプ:ドラム槽ごと回転させ、衣類を上から下へ落としてたたき洗いをしています。乾燥する場合も同様に、上から下へと衣類をほぐしながら温風を当てていきます。このタイプの特徴は、回転(水槽)式タイプに比べて洗濯時間が長いこと、洗浄力は多少劣りますが、水が少量で済み、衣類をやさしく洗いこんでくれます。洗濯乾燥機に多く見られるタイプですが、最近では、全自動洗濯機でもドラム式の商品が発売されています。

回転(水槽)式タイプ:玄関が戸建にくらべてやや狭い集合住宅では特にこのタイプが多いかと思います。洗濯槽に溜めた水を回転させて発生させた水流で衣類を洗浄しています。撹拌式と呼ばれる従来からある洗濯方式で、二層式洗濯機と全自動洗濯機のほとんどがこのタイプに当たります。乾燥する場合も、脱水のときと同じ様に槽を回転させて衣類をほぐしながら乾燥させていきます。このタイプの特徴は、回転する水の力でしっかり洗うことができる反面、ドラム式に比べて衣類を傷めやすいといわれています。

良い派遣先イヤな派遣先
http://haken-staff-contents.net