サイクロン方式

掃除機で最近の主流といえばこの『サイクロン方式』。量販店担当者の話では、サイクロン方式と紙パック方式の掃除機の購入費は、”6:4”なのだとか。本来、サイクロンとは1886年にアメリカのモースによって発明された粉体分離方式を指す言葉で、コーン状の筒の中で空気を回転させ、遠心力によって空気と粉体を分離することを指しています。超高級掃除機として知られているダイソン社の掃除機。このサイクロン方式を掃除機に1983年にはじめて応用したのがこの会社です。これが爆発的なヒットとなり、サイクロン方式といえばダイソン社の掃除機とみなされることが多くなりました。このダイソン社の掃除機の優れた点は、吸い込んだ埃を遠心分離だけでほぼ完璧に分離するため、掃除機から排出される空気がタイヘン綺麗であることです。わずかに取りこぼした埃も後段のフィルターで濾し取る仕組みであるため、フィルターの目詰まりによる吸引力の低下は紙パック方式よりも起きにくいですね。よほど自信があるのか、ダイソン社は、フィルターの水洗浄は日本で使うのであればおよそ半年に1度で良いとしています。

サイクロン方式の弱点

今では各メーカーが売り出しているこのサイクロン方式の欠点は、紙パック対応のおよそ3分の1しかないといわれている吸込仕事率にあります。要は効率が悪いってことです。吸引力が低下しにくいという長所を伸ばすにあたってどうしても発生してしまうことのようですね。また、サイクロン掃除機では紙パックを必要としないという点では確かにコストダウンのメリットはありますが、掃除機を1回作動させるごとにこまめにゴミを捨てていく必要がありますし、そのためその際にホコリが舞ってしまうことも欠点です。そして、定期的なフィルターの水洗浄では完全に乾くまで待たねばならず、その間掃除をすることができないこともウィークポイントです。

乳酸菌の情報サイトはこれ